« 稜雲亭 | トップページ | ピーベリー »

2004年10月29日 (金)

スーパーリアリズム展


函館美術館に来ました

11/7まで「スーパーリアリズム展」というのをやってます
美術館なんて滅多に行かないんだけど、
こういうのなら、じぶんでも楽しめるかな、と

 スーパーリアリズムの作家たちは、ショーウィンドウに映る街角や、メタリックな輝きを放つ車やバイク、どこにでもあるような調味料や玩具など、極めて日常的な光景を、写真を利用しながら、主観を交えずに克明に描写しました。カメラアイを通して切り取られた現実を写し取る、いわば〈リアルを超えたリアル〉な絵画は、見るものに驚きを与えるとともに、絵画とは何か、写実的表現とは何か、という根元的な問題を改めて提示しています。
(http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-hakmu/contents/special/real.htmlより引用)

ってことで、「これが絵?」って作品ばかり
バイクのメッキパーツの光沢感、水面のゆらめき、
雨に濡れた路面に写るテールランプ等々・・・
人の手でここまで描けるもんなんですねぇ

|

« 稜雲亭 | トップページ | ピーベリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38901/1803237

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーリアリズム展:

» スーパーリアリズム展 [つれづれ日記NEW]
 北海道立函館美術館で開催中のスーパーリアリズム展を先日観に行ってきました。   [続きを読む]

受信: 2004年11月 1日 (月) 23:48

« 稜雲亭 | トップページ | ピーベリー »